好かれる趣味と嫌われる趣味

あなたには、何か趣味はありますか?
やはり男性は無趣味であるよりも趣味を持っていたほうが魅力的に見えます。 そして趣味を持つからには好かれる趣味であったほうがいいはずです。好かれる趣味と嫌われる趣味について考えてみましょう。

オタク=嫌われる?

世の中で「オタク」と言われる趣味は、必ずしも嫌われるものばかりではありません。中でもゲームはオタクの代表ではありますが、最近はスマホにゲームアプリを入れてオンラインゲームを楽しむ女子も増えています。同じゲームを楽しむことができればラッキーですし、違うゲームであってもお互いに教え合ったりして話を盛り上げることもできます。

また、日本が世界に誇る文化でもあるアニメも、好きな分野が同じであれば話がはずむでしょう。ゲームもアニメも、女子が自分と違うものを好きでも否定せず、お互い趣味の幅を広げ合うきっかけとして考えていくと、オタク文化を明るく語り合える関係を築いていくことができます。

ただし、アニメやアイドルなどのジャンルは、少し注意が必要です。特にアニメはその守備範囲が幅広く、女子も一緒に楽しめるものも少なくありませんが、たとえば幼い女の子を題材としたものなどに理解を示す女子はいないと言ってよいでしょう。アイドルも同様です。とにかくロリータ的な趣味を持つ人という印象を少しでも与えてしまうと、絶対に嫌われると思ってください。

女子に好かれる趣味って?

一方、男性の趣味といえばアウトドアという人も多いかもしれません。アウトドアな趣味は健康的な印象を与えますし、何より女子は自分ができないことをできる男性が好きなものです。キャンプでテントを建てたり、バーベキューで火を起こしたり、アウトドアの趣味は非日常的でワイルドな面を見せるチャンスを作ってくれます。ただし、あまりにも山奥であるとか、マニアックな場所はアウトドア初心者の女子にはハードルが高く、一緒に楽しむことができない可能性もあるため、一緒に行くのなら配慮をしてあげましょう。

また、音楽や読書と言ったインドアな趣味は知的で、自分の世界を持ったブレない人という好印象を与えます。ただし、あまりにも自分の世界に入りすぎて人を寄せ付けないレベルになるとなかなか理解されづらいので、アピールするならせめて表向きだけでもソフトな感じにとどめていいかもしれません。

結局は相手次第

ここまで好かれる趣味と嫌われる趣味について考えてきましたが、あなたの趣味が理解されるかどうかは、相手次第という 側面があります。自分の趣味にのめり込み相手を放置するということがないよう気を付けることが基本です。

Menu -メニュー-